コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五十鈴川 いすずがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五十鈴川
いすずがわ

三重県東部,伊勢市を流れる川。伊勢市と南伊勢町の境にある剣峠付近に源を発してほぼ北流,伊勢神宮内宮の神域を通って朝熊川を合流し,下流で二つに分流して伊勢湾に注ぐ。全長約 20km。内宮の第一鳥居を入った右手に御手洗場 (みたらし) があり,御裳濯川 (みもすそがわ) と雅称される。上流は渓谷をなし,周辺は自然のままの神宮林。伊勢市の上水道の水源として利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

五十鈴川【いすずがわ】

三重県伊勢市,神路山に発し伊勢湾に注ぐ川。長さ24km。伊勢神宮の内宮域を流れ,古来清流として有名で,一の鳥居の奥に宇治橋が掛かり,二の鳥居付近の流れに手水場がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いすずがわ【五十鈴川】

三重県中東部,伊勢市のほぼ中央を南から北へ貫流する川。志摩半島のほぼ中央やや南よりの剣峠(343m)に源を発し,神路(かみじ)山東麓を経て伊勢神宮(内宮)域を通り,河口近くで分流しその一つは汐合(しあい)川といわれる感潮河川となって伊勢湾に流入する。御裳濯(みもすそ)川,宇治川などとも称される。全長24km,流域面積85km2。上流では大滝・小滝の飛瀑や,鮑石,牛石,鏡石,竈淵(かまふち)などの奇岩があって美しい峡谷をなしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いすずがわ【五十鈴川】

三重県東部、志摩しま半島の剣峠に発し、伊勢市の皇大神宮神域内を流れて伊勢湾に注ぐ川。宇治橋付近の清流は御手洗みたらしの水となる。御裳裾みもすそ川。宇治川。⦅歌枕⦆ 「君がよは久しかるべしわたらひやいすずの川の流れたえせで/新古今

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五十鈴川
いすずがわ

三重県中東部、伊勢(いせ)市を流れる川。志摩半島の中央、伊勢市南部の山地に源を発し、北流して伊勢市の南東、皇大神宮(こうたいじんぐう)(伊勢神宮内宮(ないくう))の神域を貫流し、河口付近で二つに分かれ伊勢湾に注ぐ。延長12キロメートルの小さな川であるが、皇大神宮への入口で宇治橋が架かり、そのすぐ上流が御手洗(みたらい)であるところから広く知られる。清澄な急流に深い緑を映し、コイが泳ぐこのあたりは内宮でももっとも神々しく、倭姫命(やまとひめのみこと)がこの川で御裳(みも)を洗い清めた故事から御裳濯(みもすそ)川ともいう。上流は神路(かみじ)山を含む5420ヘクタールの神宮御料林の原生林で、五十鈴川の清流の涵養(かんよう)林であるとともに、日本固有の暖地性混交林として植物生態学上貴重である。市民の上水道としても重要で、1日2万5000トンが取水されている。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の五十鈴川の言及

【伊勢神宮】より

…《日本書紀》によると,崇神天皇のとき,それまで皇居の中に祭られていた八咫鏡を,その神威を恐れて大和の笠縫邑に移すこととしたが,次の垂仁天皇の代に,皇女倭姫(やまとひめ)命を大神につけ,鎮座にふさわしい土地を求めさせた。倭姫命は近江,美濃などを巡歴した後,伊勢国の五十鈴(いすず)川上に至り,そこに宮を建てたのが内宮のおこりであるという。他方,外宮は,《止由気(とゆけ)宮儀式帳》(《延暦儀式帳》)などによると,雄略天皇の代に,皇大神宮の神饌を供進する神として豊受大御神を,丹波国与謝郡比沼(治)真奈井原から迎え,山田原の宮に祭ったことにはじまるという。…

※「五十鈴川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五十鈴川の関連情報