コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒川放水路 あらかわほうすいろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荒川放水路
あらかわほうすいろ

荒川下流洪水を防ぐために造られた放水路。岩淵から中川河口 (東京湾) へ延長 24km,幅 450~580m。 1910年の大洪水が契機となり,翌 11年着工,30年に完成。北区志茂に岩淵水門を造り,放水路へ洪水量の全量を分流。完成後下町の洪水は減少した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あらかわ‐ほうすいろ〔あらかはハウスイロ〕【荒川放水路】

荒川を東京都北区岩淵で分流させた水路。下流の水害を防ぐため明治44年(1911)着工、昭和5年(1930)完成。現在は荒川の本流で、旧本流を隅田川とよぶ。長さ25キロ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

荒川放水路【あらかわほうすいろ】

東京都北区岩淵から東京湾に注ぐ荒川下流の放水路。全長24km。荒川下流は古くから水害を受けたので,岩淵に水門を設けて,荒川の水量を調節,洪水防止と水運の役割を果たしている。
→関連項目隅田川東京港中川

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あらかわほうすいろ【荒川放水路】

東京都東部の低地帯を流下する荒川下流部で,下町の洪水防止の目的で開削された人工水路。1級河川。岩淵町から河口の砂町地先までで延長22km。幅員は上流側455m,河口側582m。荒川放水路は1907年,10年の大洪水を契機として11年に着工され,24年に通水,30年に完工した。現在は隅田川が派川(分流)となり,荒川放水路を荒川と呼ぶ。それまで隅田川へ合流していた綾瀬川,中川,新川などの河川や水路は,荒川に平行する中川に合流する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あらかわほうすいろ【荒川放水路】

東京の低湿地帯を洪水から守るために、荒川下流を東京都北区岩淵で分水して建設した水路。1930年(昭和5)完成。65年河川法改正により現在は荒川本流となる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒川放水路
あらかわほうすいろ

埼玉県と東京都の東部を流れる荒川の水量を調節し、東京の下町(したまち)を洪水から守るためにつくられた迂回(うかい)水路。東京都北区にある岩淵(いわぶち)水門で、旧本流の隅田(すみだ)川と分かれる。川は足立(あだち)、葛飾(かつしか)、江戸川などの区を通り、下流で綾瀬(あやせ)川、中川と並行して東京湾に注いでいる。なお、国土交通省河川局では、荒川放水路を荒川、岩淵水門から南流する旧荒川を隅田川とよぶ。1910年(明治43)の大洪水後に、内務省によって計画され、1911年着手、1930年(昭和5)完成。延長24キロメートル、幅450~580メートル。記録された最高水位は、1947年(昭和22)のカスリーン台風のときで、9メートルの堤防すれすれまで達したが氾濫(はんらん)は免れた。以後もこの放水路が功を奏して東京下町の水害を防いでいる。[菊池万雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

荒川放水路の関連キーワード荒川(川、埼玉県、東京都)ゼロメートル地帯隅田川(東京都)カスリン台風江戸川[区]江戸川(区)墨田[区]江東[区]墨田(区)長谷川利行葛飾[区]江東(区)亀戸事件葛西用水江戸川区青山 士低湿地帯玉ノ井足立区青山士

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

荒川放水路の関連情報