コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サカダ sacada

1件 の用語解説(サカダの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サカダ【sacada】

フィリピン中部の糖業地帯でみられる季節的出稼ぎ労働者のこと。サトウキビの収穫では,農場での刈取りから工場への運搬,圧搾までの作業をできるだけ敏速に行うことが,糖分減耗を防ぐための不可欠の技術的前提である。そこでサトウキビ地帯の収穫期にはどこでも大量の労働力需要が発生する。この労働力調達を,農園主たちはコントラティスタと呼ばれる手配師に依頼する場合が多い。収穫期前になると手配師たちは付近の島々に渡り,貧農,雇農,土地なし労働者の間を回って前貸金を餌に労働者をかき集め,ネグロス島などサトウキビ農園の集中する島々に連れて戻ってくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サカダの関連キーワードタガログ族フィリピン海フィリピン海溝比国フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲フィリピン毛頭虫感染フィリピンメガネザルフィリピンの戦没者遺骨問題

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone