コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サカダ sacada

1件 の用語解説(サカダの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サカダ【sacada】

フィリピン中部の糖業地帯でみられる季節的出稼ぎ労働者のこと。サトウキビの収穫では,農場での刈取りから工場への運搬,圧搾までの作業をできるだけ敏速に行うことが,糖分減耗を防ぐための不可欠の技術的前提である。そこでサトウキビ地帯の収穫期にはどこでも大量の労働力需要が発生する。この労働力調達を,農園主たちはコントラティスタと呼ばれる手配師に依頼する場合が多い。収穫期前になると手配師たちは付近の島々に渡り,貧農,雇農,土地なし労働者の間を回って前貸金を餌に労働者をかき集め,ネグロス島などサトウキビ農園の集中する島々に連れて戻ってくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone