コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サカマキガイ Physa acuta; bladder snail

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サカマキガイ
Physa acuta; bladder snail

軟体動物門腹足綱サカマキガイ科。淡水貝高 1cm,殻径 0.6cm。殻は卵形,薄質半透明,黄褐色光沢があり,左巻き。軟体は頭に先端のとがった細長い触角をもち,基部には眼がある。また外套縁に指状突起があり,殻上に伸び出る。ヨーロッパ原産。日本では 1940年以降急速に国内に広がり,北海道から沖縄までのよごれた河川や溝の石やコンクリート壁に最も普通にみられる。熱帯魚の飼育槽に掃除用に入れたものが脱出して広がったらしい。寒天状の卵塊を産む。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サカマキガイ
さかまきがい / 逆巻貝
bladder snail
[学]Physa acuta

軟体動物門腹足綱サカマキガイ科の巻き貝。淡水産の種で、殻高10ミリメートル、殻径6ミリメートルぐらいの卵形をしている。殻は黄褐色の半透明で光沢がある。一見ヒメモノアラガイなどに似ているが、モノアラガイ類は右巻きであるのに対し、本種は左巻きである。また、モノアラガイ類の頭部触角が幅広い三角形状なのに対し、本種では細長い鞭(むち)状である点も異なる。外套膜(がいとうまく)縁は殻口縁を越えて殻上に伸び、そこには指状の突起がある。ヨーロッパ原産であるが、日本では、熱帯魚の飼育槽の掃除用に入れたものが脱出して広がったらしく、1940年代以後、全国に急速に増え、現在は各地の池や川、溝のほか都会地の排水溝や貯水池などに普通にみられる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サカマキガイの関連キーワードサカマキガイ(逆巻貝)逆巻貝肝蛭

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android