コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サカマキガイ サカマキガイ Physa acuta; bladder snail

2件 の用語解説(サカマキガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サカマキガイ
サカマキガイ
Physa acuta; bladder snail

軟体動物門腹足綱サカマキガイ科。淡水貝。殻高 1cm,殻径 0.6cm。殻は卵形,薄質半透明,黄褐色で光沢があり,左巻き。軟体は頭に先端のとがった細長い触角をもち,基部には眼がある。また外套縁に指状突起があり,殻上に伸び出る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サカマキガイ
さかまきがい / 逆巻貝
bladder snail
[学]Physa acuta

軟体動物門腹足綱サカマキガイ科の巻き貝。淡水産の種で、殻高10ミリメートル、殻径6ミリメートルぐらいの卵形をしている。殻は黄褐色の半透明で光沢がある。一見ヒメモノアラガイなどに似ているが、モノアラガイ類は右巻きであるのに対し、本種は左巻きである。また、モノアラガイ類の頭部触角が幅広い三角形状なのに対し、本種では細長い鞭(むち)状である点も異なる。外套膜(がいとうまく)縁は殻口縁を越えて殻上に伸び、そこには指状の突起がある。ヨーロッパ原産であるが、日本では、熱帯魚の飼育槽の掃除用に入れたものが脱出して広がったらしく、1940年代以後、全国に急速に増え、現在は各地の池や川、溝のほか都会地の排水溝や貯水池などに普通にみられる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サカマキガイの関連キーワード軟体動物有肺類後鰓類前鰓類象水母逆巻貝巻貝軟体類サカマキガイ(逆巻貝)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サカマキガイの関連情報