サグラダファミリア(英語表記)Sagrada Familia

デジタル大辞泉の解説

スペインのバルセロナにある教会ガウディの代表作の一つ。前任者により1882年に着工翌年からガウディが設計を引き受けた。現在も建設中。バルセロナとその近郊にある他のガウディの作品とともに、2005年、「アントニ=ガウディの作品群」として世界遺産(文化遺産)に登録された。聖家族聖堂聖家族教会

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

スペイン北東部のカタルーニャ州の州都バルセロナ(Barcelona)旧市街アシャンプラ地区に残る、アントニオ・ガウディ(Antonio Plácido Guillermo Gaudíy Cornet、1852~1926年)の作品群の一つ。彼の代表作として世界的に有名である。正式名称は「聖家族贖罪教会」(El Temple Expiatori de la Sagrada Familia)。民間カトリック団体のサンホセ協会が、貧しい人々のための教会として建設を計画したもので、建築家フランシスコ・ビリャールが無償で設計を引き受け、1882年3月19日に着工した。しかし、その翌年、ビリャールは意見の対立から設計者を辞任し、その後任として、当時無名だったガウディが設計を引き継いだ。ガウディは一から設計を練り直し、1926年に死去するまでライフワークとしてその建設に取り組んだ。現在、東の「キリストの生誕」、西の「キリストの受難とその死」、南の「キリストの栄光」の3つのファザードはすでに完成しているが、いまだに建設途上で、その完成は今から100年後とも200年後ともいわれている。各ファザードの鐘楼(しょうろう)に階段、またはエレベーターで登ることができ、バルセロナの旧市街を見下せる展望台がある。◇バルセロナにあるガウディの他の作品とともに、世界遺産に登録されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サグラダファミリアの関連情報