コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サッポロフキバッタ Parapodisma sapporensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サッポロフキバッタ
Parapodisma sapporensis

直翅目バッタ科。体長 25mm内外。全体に鮮かな緑色で,後肢腿節下面は黄色を帯びる。翅は退化し,前翅は鱗片状。地上にみられ,北海道,本州 (東北地方北部山地) に分布する。日本列島ではフキバッタ類の分化がみられ,わずかの例外的な種を除き無翅または短翅で,雄の腹端部に特徴的な構造をもつ。近縁のミヤマフキバッタ P. mikadoは体長 25~35mmで本種より大きく,全体暗緑色で後肢腿節下面は紅色を帯びる。本州の山地に産する。 (→直翅類 , バッタ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android