サド侯爵夫人(読み)サドこうしゃくふじん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「サド侯爵夫人」の解説

サド侯爵夫人
サドこうしゃくふじん

三島由紀夫戯曲。3幕。 1965年雑誌『文芸』に発表,同年劇団 NLTで初演獄中サドに貞を貫く夫人ルネと,その母で,娘に離婚を迫る虚飾に満ちたモントルイユ夫人との対立を主軸に,悪徳と美徳化身であるサン・フォン伯爵夫人とシミアーヌ男爵夫人,ルネの妹アンヌら女性6人だけで展開するせりふ劇。舞台に一度も登場しないサドが,女たちの上に大きく影を落す。華麗なレトリックと論理的な対話の積重ねがゆるぎない劇的世界を構築しており,三島戯曲の代表作といえる。フランスでも翻訳上演された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android