コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サバタイ・ツェビ Shabbetai Tzevi (Sabbatai Zebi, Sabbatai Zevi)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サバタイ・ツェビ
Shabbetai Tzevi (Sabbatai Zebi, Sabbatai Zevi)

[生]1626.7.23. オスマン帝国,スミルナ
[没]1676. アルバニア,ドゥルチーニョ
スペイン系ユダヤ人のカバラ学者,偽メシア。幼少からユダヤ神秘主義にひかれ,神と合一の経験を得る。見神により,救世主(メシア)としての確信を得,当時至福千年説の広まっていたヨーロッパ,中近東の各地で説教し,熱狂的歓迎を受けたが,エルサレムでは破門宣告を受け故郷に帰る。1666年コンスタンチノープルに召喚され,イスラム教への改宗を強要され,受け入れる。サバタイの影響はユダヤ教だけでなく,キリスト教,イスラム教のなかにも宗派をつくるにいたり,あるものは今日も続いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サバタイ・ツェビの関連キーワードナタン[ガザ]ショーレム

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android