コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サバナケット

百科事典マイペディアの解説

サバナケット

ラオスの南部の町。タイとの国境をなすメコン川左岸に位置する。周辺はラオスの主要米作地帯の一つで,農産物集散地になっている。また西はメコン川を渡ってタイと,東は道路でベトナムにつながる交通の要地でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サバナケット【Savannakhet】

ラオス南部の都市で,同名省の省都。メコン川中流域の左岸に位置し,対岸はタイである。人口9万7000(1985)。周辺は緩やかな山麓傾斜地および広大な河谷平野で,ラオスの二大米作地帯の一つとなっており,町は農産物の集散地である。18世紀にタイに一時併合されたが,19世紀末にフランス領ラオスとして回復され,一時理事長官が常駐し,南部ラオスを統治した。川を介してタイ,道路によりベトナムとつながる交通の要地である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サバナケット
さばなけっと
Savannakhet

ラオス中部、サバナケット州の州都。首都ビエンチャンの南東290キロメートル、メコン川左岸に位置し、対岸はタイ領である。人口5万8200(2003推計)。ベトナム中部のクアンチから道路が通じる。内戦時代は右派勢力の拠点の一つであったため、道路が舗装され新しい建物が建てられ、ラオス有数の都市となった。付近では石灰石を多量に産出する。ラオスの開発に尽くしたフランスの軍人ビエールの墓がある。[菊池一雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サバナケットの関連キーワードブンニャン・ウォラチットカイソン・プームビハンヌーハク・プームサバンカイソン・ポムビハンカイソンケサン鈴木清

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android