屯所(読み)タムロジョ

大辞林 第三版の解説

たむろじょ【屯所】

たむろする所。兵隊や巡査などが駐在する所。とんしょ。

とんしょ【屯所】

兵士などが詰めている所。陣所。 「新選組の-」
明治初期、警察署の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たむろ‐じょ【屯所】

〘名〙 (「たむろしょ」とも) たむろする所。軍兵や巡査の駐在する所。とんしょ。
※歌舞伎・繰返開花婦見月(三人片輪)(1874)序幕「相場を調べる(タムロショ)へ連れて行くから覚悟しろ」

とん‐しょ【屯所】

〘名〙
兵士などが詰める所。
※新聞雑誌‐一号・明治四年(1871)五月「田安門内に歩兵屯所築造のよしにて」 〔漢書‐趙充国伝〕
② 明治初期の警察署の称。
※新聞雑誌‐一二四号(1873)八月「邏卒之を見咎め其儘屯所迄連れ行き」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

屯所の関連情報