コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サマー サマー summer

翻訳|summer

5件 の用語解説(サマーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サマー(summer)

夏。「サマーシーズン」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

サマー

日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)に参加する高松ファイブアローズチームマスコットフェニックスモチーフ

サマー

スコットランドのミュージシャン、カルヴィン・ハリスの曲。2014年発売のアルバム「モーション」に収録。2015年ブリットアワードのブリティッシュシングル賞にノミネートされた。原題《Summer》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

サマー【summer】

夏。夏季。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サマー
さまー
Donna Summer
(1948―2012)

アメリカの黒人女性シンガー。1970年代に世界的なブームとなったディスコミュージックで長く頂点に立った。ボストンの生まれだが、若いころからヨーロッパで生活し、それが大きなチャンスをつかむきっかけとなった。本名はラドナ・アンドレ・ゲインズLaDonna Andre Gaines。
 10代のころから歌と演劇に関心があり、地元ボストンのロック・グループに加わったりしていたが、高校を卒業後プロ・アーティストになるためにニューヨークへ移り住んだ。そこで当時社会的にも話題となっていたロック・ミュージカル『ヘアー』のオーディションに合格する。彼女がキャストの一人となった『ヘアー』はヨーロッパ公演用で、1968年渡欧。ドイツ人を中心とするメンバーと公演を続けながらウィーン・フォルクスオーパー(ウィーン・フォーク・オペラ)などにも参加し、また活動の拠点となっていた旧西ドイツで結婚するなど、サマーは実質的にヨーロッパのシンガーとなった。ちなみに彼女の姓は、夫のヘルムート・ゾンマーHelmut Sommerの姓をSummerと変え、英語読みしたものである。
 1974年、彼女に大きな転機が訪れる。それはイタリア人のプロデューサー、ソングライターであるジョルジオ・モロダーGiorgio Moroder(1940― )と知り合い、レコード制作を始めたことだった。「ザ・ホットステージ」「レディ・オブ・ザ・ナイト」は西ヨーロッパ全域でヒットし、そして1975年、ディスコ・ブームの記念碑的一曲「ラブ・トゥ・ラブ・ユー・ベイビー」が発売されるに及んで、彼女のセクシーな歌声は、アメリカや日本にまで知れわたるようになったのである。
 サマーとモロダーのコンビは、ヨーロッパ系ディスコ・ミュージックが広大なマーケットをもつことを明らかにした。彼らのサウンドは、複合的なリズム(ポリリズム)を基本とするアメリカ黒人のファンク・ミュージックの流れにはあるものの、多くはエレクトリック・サウンドに移し替えられ、より簡素化されたものであった。「ラブ・トゥ・ラブ・ユー・ベイビー」は1曲が16分48秒もあったが、このような一つの象徴的なリズム・パターンや魅力的なフレーズを延々と繰り返すという手法は、ディスコという特別な空間にぴったり合い熱狂的に受け入れられた。
 この時期に、ディスコで流れるダンス・ミュージックには、アメリカ黒人によるファンク系と、サマーらに代表されるヨーロッパ・エレクトリック系との、大きく分けて二つの道筋ができ上がった。ヨーロッパ系ではスウェーデンのアバ、旧西ドイツのボニー・Mがそれにあたる。オーストラリア出身のビージーズも、このような分かりやすいダンス・ビートがどれほどの人気があるかを、身をもって示したグループである。
 「ディスコ・クイーン」の称号のもと、サマーは1970年代後半以降立て続けにヒットを放っていった。「トライ・ミー」や、本格的なエレクトリック・ディスコのメジャー・ヒットとして知られる「アイ・フィール・ラブ」、バーブラ・ストライサンドとのデュエット「ノー・モア・ティアーズ」などがその一部である。
 1980年代に入り、ディスコ・ブームが去ったあともサマーの人気は続き、モロダーからクインシー・ジョーンズにプロデューサーを変えた1982年のアルバム『ドナ・サマー』も話題を呼んだ。「ディスコのドナ・サマー」という大きなレッテルと関わりなく、その後も彼女は断続的にヒットを飛ばし、1997年に再びモロダーと組んだ「キャリー・オン」は、グラミー賞の「ベスト・ダンス・レコーディング賞」に選ばれている。[藤田 正]
「『エンドレス・サマー~グレイテスト・ヒッツ』CD(1998・ユニバーサル ミュージック) ▽『ホット・スタッフ~ベスト・オブ・ドナ・サマー』CD(2001・ユニバーサル ミュージック)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサマーの言及

【イスラム音楽】より

…ところがイスラム教徒の中にも,もっと積極的に音楽や舞踊そのものを典礼の中にとり入れ,これに陶酔することによってアッラーへの帰一を達成しようと考える一派がある。スーフィーと呼ばれる神秘主義者がそれで,11世紀の神学者ガザーリーの音楽擁護論がその隆盛の誘因となったといわれるが,いわゆるスーフィー教団では修道者(デルウィーシュ)たちが,ジクル(アッラーの名を繰り返し称えること)やサマー(音に聴き入ること)などの儀式において,ひたすら歌い踊ることによって神秘的体験を得て,魂を浄化し,信仰を深める。音楽的見地から重要なスーフィーの伝統として,今日トルコを中心に伝承されているメウレウィー教団の典礼を挙げることができる。…

【ジクル】より

…後にイスラム神秘主義において,それは一種の称名として,そのような言葉を常にあるいは集団で定期的に一定の所作を伴って繰返し口称し,それによって神を常に念じ,さらに精神の集中によって自己と神との二元的対立を超えた忘我の状態,すなわち神秘的合一体験(ファナーfanā’)に至る方法として実践されるようになる。同様なものとしてサマーsamā‘があるが,ファナーの追求のために歌や音楽を用いるなど逸脱的傾向が強い。【中村 広治郎】。…

【スーフィー】より

…スーフィーたちは修道場で集団生活を行うのであるが,この修道場がリバートribāṭとかハーンカーkhānqāとかザーウィヤzāwiyaと呼ばれているものである。この修道場で神との合一という目標を追求するが,その際に行われる宗教的勤行がジクルとかサマーの名で呼ばれているものである。このようにスーフィーたちが集団生活をするのは,神との合一という究極の目標がスーフィーの個人的努力のみによっては達成されえないと考えられていることによる。…

※「サマー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サマーの関連キーワード日本プロバスケットボールリーグ大阪エヴェッサ京都ハンナリーズ埼玉ブロンコス滋賀レイクスターズWリーグティナ東京アパッチ富山グラウジーズライジング福岡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サマーの関連情報