コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラサバテイラ

百科事典マイペディアの解説

サラサバテイラ

ニシキウズガイ科の巻貝円錐形で,高さ10cm,幅12.5cm。殻表は白く,普通,緑褐〜紅褐色の斑紋が稲妻状に走り更紗模様になる。奄美群島以南の太平洋,インド洋,西太平洋に広く分布し,潮間帯下の岩磯にすむ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

サラサバテイラの関連キーワードギンタカハマ(銀高浜)サラサバテイタカセガイ腰高貝高瀬貝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android