サラーマ・ムーサー(英語表記)Salāmah Mūsā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「サラーマ・ムーサー」の解説

サラーマ・ムーサー
Salāmah Mūsā

[生]1887. ザカージーク
[]1958
エジプト評論家,社会運動家。カイロパリで学び,のちロンドンで C.ダーウィン,G.B.ショー,H.G.ウェルズ,特にフェビアン協会思想に親しむ。 1914年カイロで週刊誌『未来』を,1929年には『新しい雑誌』を創刊,漸進的社会主義を主張。著作は 30点をこえ,自伝『サラーマ・ムーサーの教育』 Tarbiyyat Salāmah Mūsā (1947) は英訳されている。また,1912年には『罪と』を部分訳している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

20世紀西洋人名事典「サラーマ・ムーサー」の解説

サラーマ・ムーサー
Salāma Mūsā


1887 - 1958
エジプトのジャーナリスト
1910年からエジプトのジャーナリズムで精力的に活躍する、親西欧派の知識人であり、エジプトで最初のフェビアン社会主義者として知られる。「ヒラール」誌など、’20〜30年代の主要な雑誌の編集や執筆を通じて西欧の思想家を広く紹介し、一方で、封建的地主層の専横と抑制糾弾の論陣を張る。主著に「超人序説」(’10年)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android