コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンシール陸軍士官学校 サンシールりくぐんしかんがっこうÉcole Spéciale Militaire De Saint-cyr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンシール陸軍士官学校
サンシールりくぐんしかんがっこう
École Spéciale Militaire De Saint-cyr

1803年ナポレオン1世によってフォンテンブローに創設され,1808年サンシールレコールに移転したフランスの士官学校。第2次世界大戦後コエキダンに移転したが,サンシールの名称が保持されている。主として歩兵と騎兵の将校を養成してきたが,第2次世界大戦後は工兵や砲兵の将校教育も行なっている。 18~23歳で入校し,2年後に卒業して少尉に任官する。このほか下士官から選抜入校させる別科があり,修業年限は1年で少尉に任官する。フィリップペタン,アンリ・ジローらフランス陸軍の首脳が学び,1911年卒業のシャルル・ドゴールは第1次世界大戦後に教官も務めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サンシール陸軍士官学校の関連キーワードシャルル・ドゴールラマナンツォアオパンゴガリエニベンアリ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android