コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタクルス修道院 サンタクルスシュウドウイン

2件 の用語解説(サンタクルス修道院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サンタクルス‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【サンタクルス修道院】

Mosteiro de Santa Cruz》ポルトガル中西部の都市コインブラにある修道院。12世紀の創建。ポルトガルアフォンソ1世の治下、付属の学校や写字室が作られ、政治・文化の両面で重要な役割を果たしたことで知られる。16世紀、マヌエル1世により改築され、現在の姿になった。アフォンソ1世とその息子サンショ1世の墓がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンタクルスしゅうどういん【サンタクルス修道院】

ポルトガル中東部の古都コインブラ(Coimbra)旧市街中心部にある、五月八日広場に面して建っている修道院。ポルトガル王国を建国したアフォンソ1世(アフォンソ・エンリケス、Afonso Henriques)がポルトゥカーレ伯時代の1131年に、首都をコインブラに移した。その際にロマネスク様式の修道院が建設されたのが、この修道院の歴史の始まり。その後、ポルトガル王国が成立した後に、付属の学校や写字室が設置され、この修道院は政治と文化両面で重要な役割を果たした。そして、16世紀にポルトガル独特のマヌエル様式の修道院に建て替えられ、18世紀末まで改築が繰り返されてルネサンス様式バロック様式が加わり、今日にいたった。バスのコインブラ停留所から約300mの場所にある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンタクルス修道院の関連キーワードカステロブランココインブラコインブラ旧大聖堂コインブラ新大聖堂コインブラス礼拝堂コニンブリガセジンブラポルトセグーロポルトガル・ポインターブラジルとポルトガル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone