コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠山紀信 しのやまきしん

3件 の用語解説(篠山紀信の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

篠山紀信【しのやまきしん】

写真家。東京生れ。1958年,日大芸術学部写真学科卒。在学中の1961年,ライトパブリシティに入社。1968年に同社退社後は,フリーランスとして,確かな技術と構成力で各種雑誌を中心に活躍。
→関連項目中平卓馬

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠山紀信 しのやま-きしん

1940- 昭和後期-平成時代の写真家。
昭和15年12月3日生まれ。ライトパブリシティに入社,広告写真で頭角をあらわす。昭和43年フリーヌードアイドルの写真をはじめ,つねにあらたな分野や手法にいどんで話題をよぶ。48年芸術選奨新人賞,55年毎日芸術賞。東京出身。日大卒。写真集に「激写―135人の女ともだち」「NUDE」「シノラマ・ニッポン」「五代目坂東玉三郎」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

篠山紀信
しのやまきしん
(1940― )

写真家。東京生まれ。1963年(昭和38)、日本大学芸術学部写真学科在学中に広告制作会社ライトパブリシティに入社、広告写真を撮りはじめる。同年同大学を卒業し、写真雑誌『カメラ毎日』『アサヒカメラ』などにポートレート、ヌード作品を発表、新進写真家として注目される。68年、フリーランスとなり、雑誌を中心に膨大な量の作品を発表して人気写真家となる。以後、日本の写真表現を旺盛な好奇心と着実な技術力でリードし、常に新たな問題意識溢れる写真を提示し続けている。74年5月から10月に『アサヒグラフ』誌に連載した「篠山紀信を本誌特派」シリーズをまとめた『晴れた日』(1975)では、歌手山口百恵(1959― )から自民党の政治家まで、日本全国で撮影された写真を、映像による百科事典のように1冊にまとめ、70年代日本のリアルな現実をまるごと捉えきるようなスケールの大きな視点を確立した。また、75年刊行の『家』では北海道から沖縄まで日本全国の家のたたずまいを、大判カメラによる緻密な映像で記録し、日本人にとっての、住むことの意味を問い直そうとした。このような日本、および日本人とは何かという大きな問いかけに、「あらゆるものを見尽くしたい」という、視覚的欲望のおもむくままに撮り続けることで回答を見いだそうとする意欲的な作品の系譜は、料理と食事をテーマにした『食』(1993)にまで及んでいる。
 一方、篠山は70年代から有名、無名の若い女性をモデルに、彼女たちの何げない仕草や表情をいきいきと捉えたポートレート、ヌードのシリーズを発表し続けてきた。雑誌『GORO』の巻頭グラビアページを飾ったこれらの写真は「激写」と名づけられて篠山の代名詞となるとともに、それまでの型にはまった女性写真をより身近なものにした。「激写」シリーズをまとめた『激写・135人の女ともだち』(1979)は読者の心を捉えてベストセラーになり、毎日芸術賞を受賞する。時代の潜在的欲望を、タレントやアイドル歌手のグラビア写真を中心として写真集に封じ込めたこれらの写真群は、それ以後も撮り続けられ、2000年(平成12)の『アイドル』に集大成されて、日本写真協会年度賞を受賞した。
 常に新たな領域に挑戦する篠山は、1991年に、女優樋口可南子(かなこ)(1958― )をモデルに写真集『water fruit』を刊行した。同書は大きな話題となり、いわゆるヘアヌード・ブームの火付け役となる。だが、何といっても篠山の底力を強く印象づけたのは、当時人気絶頂だった女優宮沢りえ(1973― )をモデルとしてアメリカで撮影した、『Santa Fe』(1991)だろう。この写真集は155万部を超えるという驚異的な大ベストセラーになり、社会現象として戦後史の1ページを飾る出来事となったのである。[飯沢耕太郎]
『『晴れた日』(1975・平凡社) ▽『激写・135人の女ともだち』(1979・小学館) ▽『water fruit』『Santa Fe』(ともに1991・朝日出版社) ▽『食』(1993・潮出版社) ▽『写真は戦争だ!』(1998・河出書房新社) ▽『アイドル』(2000・河出書房新社) ▽篠山紀信・中平卓馬著『決闘写真論』(1977・朝日新聞社) ▽加藤哲郎著『昭和の写真家』(1990・晶文社) ▽大竹昭子著『眼の狩人――戦後写真家たちが描いた軌跡』(1994・新潮社) ▽飯沢耕太郎著『写真集の愉しみ』(1998・朝日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

篠山紀信の関連キーワード中平卓馬熊切圭介白川義員須田一政田原桂一冨成忠夫早崎治樋口健二松本徳彦山崎博

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

篠山紀信の関連情報