コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタポリナーレインクラッセ聖堂 サンタポリナーレインクラッセセイドウ

デジタル大辞泉の解説

サンタポリナーレ‐イン‐クラッセ‐せいどう〔‐セイダウ〕【サンタポリナーレインクラッセ聖堂】

Basilica di Sant'Apollinare in Classe》イタリア北東部、エミリアロマーニャ州の都市ラベンナの南郊にある教会。6世紀半ば、東ゴート王国の女王アマラスンタにより建造。ラベンナの初代司教聖アポリナリス(アポリナーレ)を祭る。内部後陣に黄金の十字架と3匹の白い羊を描いた荘厳なモザイクがあり、初期キリスト教美術の傑作として知られる。1996年、「ラベンナの初期キリスト教建築群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

サンタポリナーレインクラッセ聖堂の関連キーワードアジア生産性機構OSサンタポリナーレヌオボ聖堂サンタントニオ聖堂サンタンブロージョ聖堂アポ山変朽アポグラフィック組織岩枝アポエンドキネマテイック結晶作用

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android