サンタポリナーレインクラッセ聖堂(読み)サンタポリナーレインクラッセセイドウ

デジタル大辞泉 の解説

サンタポリナーレ‐イン‐クラッセ‐せいどう〔‐セイダウ〕【サンタポリナーレインクラッセ聖堂】

Basilica di Sant'Apollinare in Classe》イタリア北東部、エミリアロマーニャ州の都市ラベンナ南郊にある教会。6世紀半ば、東ゴート王国の女王アマラスンタにより建造。ラベンナの初代司教聖アポリナリス(アポリナーレ)を祭る。内部後陣に黄金十字架と3匹の白い羊を描いた荘厳なモザイクがあり、初期キリスト教美術傑作として知られる。1996年、「ラベンナの初期キリスト教建築群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android