コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂[ラベンナ] サンタポリナーレ・イン・クラッセせいどうラベンナ Sant'Apollinare in Classe, Ravenna

1件 の用語解説(サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂[ラベンナ]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂[ラベンナ]
サンタポリナーレ・イン・クラッセせいどうラベンナ
Sant'Apollinare in Classe, Ravenna

イタリアのラベンナ近郊の港町クラッセにあるバシリカ式聖堂。内部を飾ったビザンチン様式モザイクによって有名。ユリアヌス・アルジェンタリウスの後援により,ラベンナの最初の殉教者であり司教であった聖アポリナーレの埋葬された場所に起工され,司教マクシミリアンの名によって献堂された (534~539) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂[ラベンナ]の関連キーワードフィラッハイタリアンサンタポリナーレインクラッセ聖堂デグラッセイタリアンロールセニガリアの聖母前田のランチクラッカー クラックス御影クラッセラヴェンナ音楽祭内田洋子

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone