サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂[ラベンナ](読み)サンタポリナーレ・イン・クラッセせいどう[ラベンナ](英語表記)Sant'Apollinare in Classe, Ravenna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂[ラベンナ]
サンタポリナーレ・イン・クラッセせいどう[ラベンナ]
Sant'Apollinare in Classe, Ravenna

イタリアのラベンナ近郊の港町クラッセにあるバシリカ式聖堂。内部を飾ったビザンチン様式のモザイクによって有名。ユリアヌス・アルジェンタリウスの後援により,ラベンナの最初の殉教者であり司教であった聖アポリナーレの埋葬された場所に起工され,司教マクシミリアンの名によって献堂された (534~539) 。広い身廊と,大理石円柱と半円アーチに支えられる身廊壁によって区分された左右側廊,および半ドーム祭室をもつ典型的な初期キリスト教バシリカ聖堂である。ただし,アーチを支えるアンポスト (拱基石) の使用や全体の石組み法にはコンスタンチノープルの影響がうかがえる。またトリフォルム部およびアプス部に残るモザイクは初期キリスト教的な象徴主義とビザンチン風のモニュメンタリティを兼備していて興味深い。また5世紀から8世紀に及ぶ初期キリスト教時代の石棺を数多く保存していることでも有名である。円形プランのカンパニーレは 10世紀の建築。「ラベンナの初期キリスト教建築物群」の一つとして 1996年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android