コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタマリアマッジョーレ大聖堂 サンタマリアマッジョーレダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

サンタマリア‐マッジョーレ‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【サンタマリアマッジョーレ大聖堂】

Basilica di Santa Maria Maggiore》イタリアの首都ローマにある大聖堂。ローマの四大バシリカの一。4世紀の創建。身廊は5世紀半ばのもので、旧約聖書の場面を描いたモザイクが残り、初期キリスト教時代の傑作として知られる。14世紀に高さ75メートルの鐘楼が造られ、後にルネサンス様式のシスト5世礼拝堂、初期バロック様式のパオリーナ礼拝堂が加わった。現在見られるバロック様式のファサードは18世紀にフェルディナンド=フーガが手がけた。1980年、「ローマ歴史地区、教皇領とサンパオロフォーリ‐レ‐ムーラ大聖堂」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

サンタマリアマッジョーレ大聖堂の関連キーワードベルガモのサンタマリアマッジョーレ教会

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android