サンポ(英語表記)Sampo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンポ
Sampo

フィンランドの叙事詩『カレワラ』に出てくるおそらく臼の形に観念されていたと思われる不思議な宝物。幸運と富を無尽蔵に産出する。鍛冶師のイルマリネンによってポホヨラの主婦ロウヒのために製作されたが,のちにワイナモイネンによって盗み出された。しかしあとを追ってきたロウヒとワイナモイネンの一行が海上でこの宝を奪い合ううちに,サンポは海に落ち粉々にこわれてしまったという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のサンポの言及

【カンボジア】より

…女性はブラウスにサロン(腰巻)をつけ,頭上にクロマー(布切れ)を載せ働く。祭礼や寺院へ行くときには民族衣裳のサンポットを着る。食事は主食が米飯であるが,うどん(ノンバンチョック),少しの野菜と魚,スープ,自家製のプラホック(魚の練物の一種)が添えられ,簡素である。…

※「サンポ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android