サン・トロペ(読み)さんとろぺ(英語表記)Saint-Tropez

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サン・トロペ
さんとろぺ
Saint-Tropez

フランス南東部、バール県の小都市。人口5444(1999)。背後にモール山地を控え、フランス・リビエラ海岸のサン・トロペ湾に臨む海水浴場として発達し、保養地として人気を集めている。ニースやカンヌに遅れて19世紀末から発展し、シニャックマチス、ボナールら、画家が多く来訪した。また小さい漁港もある。15世紀から17世紀までは独立した共和国であった。[青木伸好]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android