コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サード・ザグルール サードザグルール

百科事典マイペディアの解説

サード・ザグルール

エジプトの政治家ワフド党の組織者。初めは穏和な民族主義者で,文相法相,立法議会議長を歴任。第1次大戦中に英国の支配に対する批判を強め,完全独立要求の大衆運動を起こし,2度海外流刑となった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

20世紀西洋人名事典の解説

サード・ザグルール
Sa‘d Zaghlūl


1857 - 1927
エジプトの民族運動指導者。
元・法相。
アズハル大学時代にアフガーニーなどの思想家の影響を受け、その後法律家、官史となる。1906年文相、’12年法相を歴任。’13年イギリス占領に及ぼすエジプト近代化と副王専制抑制の影響を感じたザクルールは、官職を辞職。反英民族運動に傾倒。’18年エジプトの完全独立を目標にワフド・アルミスリーを旗揚げし、国民を反英運動の下に結集させた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

サード・ザグルールの関連キーワードナッハースナハス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android