コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフガーニー アフガーニー Jamāl al-Dīn al-Afghānī

5件 の用語解説(アフガーニーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アフガーニー(Jamāl al-Dīn al-Afghānī)

[1839~1897]イスラム諸国の近代的改革運動の唱道者・組織者。イラン生まれで、アフガン人と自称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アフガーニー

イラン生れのイスラム改革思想家インド大反乱の鎮圧やムガル帝国滅亡に接してヨーロッパの脅威を感じ,イスラムの連帯と反帝国主義運動を指導。イスタンブールカイロテヘランなどで活動した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アフガーニー【Jamāl al‐Dīn al‐Afghānī】

1838∥39‐97
イスラム改革および反帝国主義の運動の扇動家,組織者。名はジャマール・アッディーンJamāl al‐Dīn。アフガン人と自称したが,イラン生れ。そのため,イランではアサダーバーディーAsadābādīと呼ぶ。イギリスによるセポイの反乱の鎮圧とムガル帝国滅亡とから,早くヨーロッパの脅威を感得し,アフガニスタンの政争に関与してイスタンブールに逃れたが,彼の哲学思想を異端とするウラマーの圧迫を受け,1871年カイロに定住した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アフガーニー【Afghānī】

1838(9)~1897) イスラムの反帝国主義運動の組織者。イラン生まれ。アフガン人と自称。汎イスラム主義のもとに、イスラム諸国の改革運動を行う。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフガーニー
あふがーにー
Jaml al-Dn al-Afghn
(1838/1839―1897)

(はん)イスラム、反帝国主義思想家。イランに生まれ、シーア派の教育を受けたが、スンニー派世界での影響を考えて、アフガン人と自称した。1857~1858年のインド滞在後、アフガニスタンで過ごしたが、政争に巻き込まれ、1871年イスタンブールに逃れ、そこで多くの講演を行った。しかし彼の思想はウラマー(法学者)の反感を招き、同年カイロに移った。そこで、ムハンマド・アブドゥーやサード・ザグルールなど、のちのエジプトの民族的指導者となる若者たちに哲学や神学を教えると同時に、立憲制要求や反英ナショナリズム思想へと導き、アラービーの反乱(1882)に影響を与えることとなった。しかし、1879年にはイギリスの教唆によりインドに追放され、インドではアフマド・ハーンの親英思想を攻撃した。アラービーの反乱後、ヨーロッパ諸国を遍歴、パリでは、イスラムの合理主義精神を否定するルナン(1823―1892)と論争を行ったり、エジプト時代の弟子ムハンマド・アブドゥーとともに雑誌『固き絆(きずな)』を創刊(1884)し、反植民地主義、汎イスラムの論陣を張ったりした。1886年、1889年の2回、イランの国王ナーシル・アッディーン・シャーに招かれ、イランの近代化政策に参与したが、宮廷内の陰謀のため1890年に追放された。追放後、イラン専制政治を激しく攻撃し、イランにおけるタバコ・ボイコット運動、立憲主義運動に影響を与えた。1892年、オスマン帝国のアブデュル・ハミト2世は、その汎イスラム主義を利用するために彼を招待したが、彼の自由思想はスルタンの専制主義とは相いれず、宮廷内で孤立し、事実上の幽閉の状態で死亡した。まとまった著作は残さなかったが、西欧植民地主義に対する強い危機意識と、イスラム世界の一致団結の必要性、自由主義的政治改革の思想、イスラム黄金時代への憧憬(しょうけい)、合理主義的イスラム神学、哲学の再建の試みなどは、彼のカリスマ的人格を通して、多くの次代のイスラム近代主義者に影響を与えた。[竹下政孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアフガーニーの言及

【イスラム復興運動】より

…その点に,中世に存在したイスラム改革運動との相違が見られる。萌芽期の代表的事件として,エジプトのアラビー運動(1881-83),イランのタバコ・ボイコット運動(1891-92)が挙げられ,前者がスンナ派,後者がシーア派の国で起こったため,両方の事件に関わったアフガーニーが,両派にまたがる復興運動の起点における象徴とされる。
[西洋による〈脅威〉の認識]
 アフガーニーは列強の侵略に抵抗するイスラム連帯を訴えたが,西洋側ではそれを自分たちに対する〈脅威〉ととらえ,パン・イスラム主義の名称で呼んだ。…

※「アフガーニー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アフガーニーの関連キーワードイスラム帝国汎イスラム主義イスラム共同体イスラム債券イスラム聖戦機構イブンタイミーヤムハンマドアブドゥフイスラム復興運動アグス・サリムキューネル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アフガーニーの関連情報