コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーベイランス サーベイランス surveillance

翻訳|surveillance

5件 の用語解説(サーベイランスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーベイランス
サーベイランス
surveillance

経済政策の国際協調の観点から先進諸国の経済政策運営状況を相互にチェックする制度。国際通貨基金 IMFサーベイランスと先進諸国間のサーベイランスとがある。 IMFのサーベイランスは,IMFが国際通貨の安定のために加盟国の為替相場,経済政策の監視を行うもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

サーベイランス

一般には対象の様子を監視することをいうが、国際金融の分野では、特にIMFがその規約第4条を根拠に加盟国の通貨政策、金融財政政策等について年1回モニターを行いその結果を理事会に報告することを指す。アジア通貨危機以降、金融システムについても行われている。サーベイランスは直接IMFによる融資との結びつきはないものの、加盟国は通常これに全面的に協力する。なお、近年、欧州や東アジア等の地域のサーベイランスや、さらには、グローバルな多国間サーベイランスの必要性が認識されている。

(絹川直良 国際通貨研究所経済調査部長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

サーベイランス

持続的に感染症の発生データを集め、分析すること。統計調査とは異なり、データの突然の乱れ、つまりアウトブレークを察知することが目的だ。1人の医師が診る症例は限られていても、国や地域全体で集計することで流行の全体像を把握することができる。適切な日本語訳はまだない。*今回の取材は編集委員・中村通子、デザインは上村伸也が担当しました。

(2009-10-17 朝日新聞 朝刊 大特集V)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サーベイランス(surveillance)

監視。見張り。また、監視制度。
感染症・環境汚染・経済などの動向について専門機関が調査・監視を行うこと。→経済サーベイランス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

サーベイランス【surveillance】

〔サーベランスとも〕
警戒して見張ること。注意深く監視すること。よく見て調べること。
感染症などの疾病の発生状況や変化を継続的に監視すること。また、それによって対策のためのデータを体系だてて収集・分析すること。
システムなどの、定期的な監査。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サーベイランスの関連キーワードヌーベル・ダンスサーベイAIDSサーベイランス経済サーベイランスベランダ農園サーベンス・オクスリー法ガーベラ記念日ナーベラーマーベラスサンデールーベラ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サーベイランスの関連情報