コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーベイランス surveillance

翻訳|surveillance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーベイランス
surveillance

国際協調の観点から,先進諸国の経済政策の運営状況を相互に監視する制度。国際通貨基金 IMFの枠組みで行なわれるものと,主要国首脳会議(サミット)で導入されたものがある。IMFのサーベイランスは,国際通貨の安定のために加盟国の為替レート,経済政策の監視を行なうもので,IMFが実施するものと,各国が相互に監視し合う多角的サーベイランスがある。先進諸国間のサーベイランスは,1986年の東京サミットでアメリカ合衆国が提案し,1987年のベネチアサミットで七つの指標(成長率,内需,インフレ率,失業率,財政収支,金融情勢,為替レート)の採用が決定された。1988年の先進7ヵ国財務大臣・中央銀行総裁会議 G7でさらに商品価格指数が加えられた。同 1988年の OECD閣僚理事会では,各国の構造調整政策についてもサーベイランスを行なうことが合意され,金融市場,公的部門などの分野について実行されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

サーベイランス

一般には対象の様子を監視することをいうが、国際金融の分野では、特にIMFがその規約第4条を根拠に加盟国の通貨政策、金融財政政策等について年1回モニターを行いその結果を理事会に報告することを指す。アジア通貨危機以降、金融システムについても行われている。サーベイランスは直接IMFによる融資との結びつきはないものの、加盟国は通常これに全面的に協力する。なお、近年、欧州や東アジア等の地域のサーベイランスや、さらには、グローバルな多国間サーベイランスの必要性が認識されている。

(絹川直良 国際通貨研究所経済調査部長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

サーベイランス

持続的に感染症の発生データを集め、分析すること。統計調査とは異なり、データの突然の乱れ、つまりアウトブレークを察知することが目的だ。1人の医師が診る症例は限られていても、国や地域全体で集計することで流行の全体像を把握することができる。適切な日本語訳はまだない。*今回の取材は編集委員・中村通子、デザインは上村伸也が担当しました。

(2009-10-17 朝日新聞 朝刊 大特集V)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

サーベイランス(surveillance)

監視。見張り。また、監視制度。
感染症・環境汚染・経済などの動向について専門機関が調査・監視を行うこと。→経済サーベイランス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

サーベイランス【surveillance】

〔サーベランスとも〕
警戒して見張ること。注意深く監視すること。よく見て調べること。
感染症などの疾病の発生状況や変化を継続的に監視すること。また、それによって対策のためのデータを体系だてて収集・分析すること。
システムなどの、定期的な監査。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

サーベイランスの関連キーワード新型インフルエンザウイルスチェンマイ・イニシアティブチェンマイ・イニシアチブレファレンス・レンジ金融安定化フォーラム国際金融安定性報告書マイコプラズマ肺炎アシネトバクター国立感染症研究所国際通貨問題ECOFINDHEATJANIS塩川優一監査防疫盗聴疾病体系

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サーベイランスの関連情報