コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザクセンアンハルト州 ザクセンアンハルトSachsen-Anhalt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザクセンアンハルト〔州〕
ザクセンアンハルト
Sachsen-Anhalt

ドイツ中北部の州。州都マクデブルク。北はメクレンブルクフォアポンメルン州,東はブランデンブルク州,南はザクセン州とチューリンゲン州,西はニーダーザクセン州と接する。ウィーン会議により,1816年,ウェストファーレンとザクセン両王国の一部などにより構成されたプロシアのプロウィンツザクセンが起源。 1918~44年までは共和国をなし,マクデブルク,エルフルト,メルゼブルクの3行政区に分れ,首都はマクデブルクに,議会はメルゼブルクにあった。 44年にハレ=メルゼブルクとマクデブルクの各プロウィンツに分れたが,45年アンハルトと合併して,再びプロウィンツザクセンと呼ばれた。 45~47年プロウィンツザクセンアンハルトとなり,47~52年に州として登場した。議会と行政府はハレにおかれた。 52年マクデブルクとハレの2県に分割されたが,90年東西ドイツ統合に伴い,両県とコトブス県の一部により州として再構成された。州域一帯は,エルベ川中流域の平野部で,レスの堆積のある沃野が形成され,農業生産の中心地である。また,岩塩,カリ塩,褐炭の産地で,州都をはじめハレ,デッサウハルバーシュタットなどの都市で工業も発達している。面積 2万447km2。人口 235万6219(2010推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ザクセン‐アンハルト(Sachsen-Anhalt)

ドイツ北東部の州。州都はマクデブルク。1949年から1990年まで旧東ドイツに属した。エルベ川と支流ザーレ川が流れ、合流点を含む。南西部の州境ハルツ山脈が広がる。主な都市として、バロック音楽にゆかりあるハレ、18世紀古典文化の中心地デッサウなどがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ザクセンアンハルト州の関連キーワードクヴェートリンブルクの聖堂参事会教会,城と旧市街マグデブルク・テレマン音楽祭ナウムブルクアンデアザーレデッサウベルリッツ庭園王国ヘンデル・フェスティバルアッシェルスレーベンクウェートリンブルククウェドリンブルクナウムブルク大聖堂ウェルニゲローデ城ビッターフェルトヘルムシュテットワイセンフェルスザンガーハウゼンウェルニゲローデミュールハウゼンウィッテンベルクシュテンダールシェーネベックアイスレーベン

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android