ザハメナ国立公園(読み)ザハメナコクリツコウエン

デジタル大辞泉の解説

ザハメナ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【ザハメナ国立公園】

Parc national de Zahamena》マダガスカル東部にある国立公園。トゥアマシナの北西約70キロメートルに位置する。標高1500メートルを超える山地を中心に雨林が広がり、多くの谷が刻まれる。インドリアイアイをはじめとするキツネザルが生息するほか、絶滅の危機に瀕するマダガスカルメンフクロウ、マダガスカルヘビワシをはじめ、同島固有の鳥類の宝庫として知られる。2007年に同国東部のマスアラ国立公園など六つの国立公園とともに、「アツィナナナの雨林」の名称で世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android