コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザルツカンマーグート ザルツカンマーグート Salzkammergut

3件 の用語解説(ザルツカンマーグートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザルツカンマーグート
ザルツカンマーグート
Salzkammergut

オーストリア中部,シュタイアーマルク,オーバーエスターライヒ,ザルツブルク3州の境界付近の地方名。ダハシュタイン山地北側のトラウン川上流部河谷が中心。先史時代から岩塩を産したことで知られ,付近に塩 (ザルツ) に関係をもつ多くの地名を残す

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ザルツカンマーグート(Salzkammergut)

オーストリア中部、オーバーエスターライヒ州とザルツブルク州にまたがる地方。アルプスの山々と数多くの湖沼が織り成す自然景観で知られ、数多くの観光客が訪れる。ザンクトギルゲンバートイシュルザンクトウォルフガングハルシュタットなどの町がある。ハルシュタット湖周辺は、「ザルツカンマーグート地方のハルシュタットとダッハシュタインの文化的景観」として、1997年に世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザルツカンマーグート
ざるつかんまーぐーと
Salzkammergut

オーストリア中部、オーバーエスターライヒ州とザルツブルク州にまたがる地方。アルプスの山地とそれに囲まれる大小40以上の湖があって、優れた景観により国の内外から多くの観光客を集めている。観光の中心地はバート・イシュル、ザンクト・ギルゲン、アルトアウスゼー、ザンクト・ウォルフガング、ハルシュタットなどである。古くからの岩塩生産地で、ハルシュタットはオーストリア文化の発祥地である。[前島郁雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のザルツカンマーグートの言及

【オーバーエスターライヒ[州]】より

…面積1万1979km2,人口138万4000(1995)。ドナウ川の流域地域で,川の北部はボヘミア森林地帯,南部はイン川,クレムス川,エンス川のレス地帯,ならびにザルツカンマーグートSalzkammergutのアルプス前山地帯から成り立っている。ドナウ川が流れる地域は南方に向かってオーストリアの農業地帯がひろがっており,住民の大半は農業を営んでいるが,森林地帯も州の40%に及んでいる。…

【ザルツブルク[州]】より

…ラジウム温泉のバートガスタインBadgasteinは,ザールバハSaalbach,カプルーンKaprunとともに冬季スポーツの中心。ツェル・アム・ゼー,ザルツカンマーグートの湖沼群は夏の保養地として名高い。豊富な天然資源とヨーロッパ有数のカプルーン・ダムなど水力発電にも恵まれてとくに第2次大戦後工業化が進み,アルミニウム製錬,金属加工,セメント,紙,パルプ,木工家具,被服など,中小規模ながら堅実な発展を誇る。…

※「ザルツカンマーグート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ザルツカンマーグートの関連キーワードオーストリアリンツクロスターノイブルクオーバーライド数ペストリンクベルク巡礼教会エースターライヒニーダーエスターライヒ・トーンキュンストラー管弦楽団オーストリアワインオーバーエスターライヒ[州]ニーダーエスターライヒ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ザルツカンマーグートの関連情報