コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザレウコス ザレウコスZaleukos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザレウコス
Zaleukos

前7世紀中頃のイタリア南部のギリシア植民市 (アポイキア ) ロクロイの立法者。彼の法はギリシア最初の成文法であったといわれるが,「目には目を」の原則に立ち,きわめて峻厳で,罰金が前もって決っていたという。奢侈も規制しており,同時期のギリシア立法者と同じ傾向をもち,イタリア,シチリアの諸市にも取入れられた。またロクロイの社会的紛争の調停者としても名高い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ザレウコス【Zaleukos】

前7世紀イタリアのロクリスの人で,ギリシア最古の立法家といわれる。生没年不詳。その法はきびしさの故に有名。彼の刑法の原理は同害報復(〈眼には眼を〉)であったと伝えられる。他のギリシアの立法家と同じように,彼もまたぜいたく取締法を発布した。社会的衝突の調停者としても有名であり,彼の法はイタリア,シチリアのギリシア諸市に受け入れられたが,ロクリスの国制は長く貴族政を維持した。【太田 秀通】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ザレウコスの関連キーワードギリシア史

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android