シエスタ(英語表記)〈スペイン〉siesta

百科事典マイペディアの解説

シエスタ

スペイン語で昼寝の意。語源は6番目の時刻を意味するラテン語のhoramsextam。正午から午後3時にあたるこの時刻はもっとも日差しの強い時間で,中世の教会,修道院では昼の祈りの時間であった。庶民の昼食時間は正午前に置かれていたため,ここから昼食後の休息を指すようになった。南欧諸国や中南米諸国では,午後1時半ごろから4時半ごろまで事務所や商店を閉めてしまうことが多いが,近代化とともにこの習慣は都市部では減少しつつある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シエスタ【siesta】

スペイン語で昼寝の意。語源はラテン語で〈6番目の時刻〉にあたるhoram sextam。古代ローマ人は1日を四つに区分し,午前6~9時までをprima(第1),9時~正午をtertia(第3),正午~午後3時をsexta(第6),午後3~6時をnona(第9)と呼んでいたが,第6時刻は日ざしの最も強い時間でもある。中世の教会・修道院ではこの時間は昼の祈りの時間にあたり(時課),庶民の昼食時間は正午前に置かれていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

シエスタ

〘名〙 (siesta) スペイン、イタリアなどで、昼食後にとる午睡。昼寝。
※輝ける闇(1968)〈開高健〉「シエスタから汗みどろになってさめると」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シエスタの関連情報