コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シエンティフィコス Científicos

世界大百科事典 第2版の解説

シエンティフィコス【Científicos】

P.ディアスの第1次政権時代(1884‐88)のメキシコ人有識者グループ約50人を指した呼称。リマントゥールLimantour,ブルネスF.Bulnes,シエラ,ラバサE.Rabasa,カサススJ.Casasús,パラP.Parra,カマチョS.Camachoらが著名である。シエラが〈政府は科学cienciaを心得る人間で構成されるべきだ〉と説いたのが命名の由来。当初このグループは知的集団であったが,1892年以降はディアス政権存続のため,選挙制度を見直す〈自由連合Unión Liberal〉という政党形態を備えたグループに変貌した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シエンティフィコス
しえんてぃふぃこす
Cientficos

スペイン語で「科学的な人々」の意。1890年代以後、メキシコのディアス独裁政権(1876~1911)のイデオローグ、官僚、政治家として活躍したエリートたちの総称。彼らはコントの実証主義やスペンサーの社会進化論の影響を受け、科学的、合理的精神を強調するとともに、強力な政治権力による「社会秩序」の確立、外国資本、近代技術、白人移民の導入によるメキシコの「進歩」を主張した。反面、メキシコ固有の文化やメキシコの大衆を蔑視(べっし)、ヨーロッパ文明を崇拝し、物心ともにメキシコの半植民地化を促進した。大蔵大臣となったリマントゥールなどが、その代表的人物である。[野田 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシエンティフィコスの言及

【メキシコ革命】より

…他方,経済の発達に伴って中産階級や労働者階級が増大したが,ディアス体制下のメキシコ社会は少数のグループが権力と経済を握る閉鎖的な社会であった。そして〈シエンティフィコス〉と呼ばれた科学主義を信奉する少数の特権集団がメキシコ的なものを非合理的とみなして排除し,ヨーロッパをモデルとした近代化政策を推進した。その結果,20世紀初頭のメキシコは秩序と繁栄を享受し世界有数の近代国家にまで成長したかのようであった。…

※「シエンティフィコス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シエンティフィコスの関連キーワード野田

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android