コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シク活用 シクカツヨウ

デジタル大辞泉の解説

しく‐かつよう〔‐クワツヨウ〕【シク活用】

文語形容詞活用形式の一。語尾が「しく・しく・し・しき・しけれ・○」と変化するもの。これに補助活用のカリ活用を加えて、「しく(しから)・しく(しかり)・し・しき(しかる)・しけれ・しかれ」とすることもある。「うれし」「かなし」など。連用形の語尾「しく」をとって名づけたもの。この活用の形容詞には情意的な意をもつものが多い。
[補説]通常、学校文法では、上記のようにシク活用の語尾を「し」以下とするが、ク活用の語幹の機能を、シク活用では終止形とされる「―し」の形が果たしているところから、「―し」までを語幹とみる説もある。→ク活用

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しくかつよう【シク活用】

文語形容詞の活用形式の一。語尾が「しく・しく・し・しき・しけれ・○」と活用するもの。これに補助活用のカリ活用を加えて、「しく(しから)・しく(しかり)・し・しき(しかる)・しけれ・しかれ」というようにもする。「正し」「恋し」「をかし」などの語がこれに属する。この活用に属する形容詞には情意的意味を持つものが多い。 〔学校文法では、シク活用の語を、右のように、「し」以下を語尾とし、それ以外を語幹とするのが一般である。しかし、ク活用の形容詞では語幹が用いられる場合に、シク活用の形容詞では、「し」を含めた形が用いられる(「あな、をかし」「をかしの御髪や」「をかしさ」「をかしみ」など)。したがって、シク活用では、「し」までを語幹に含めて、語尾が「く・く・△・○・き・けれ・○」(△は無語尾で語幹の形がそのまま用いられる活用形)と活用するものとみることができる〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

シク活用の関連キーワード喧しい・囂しい古し・旧し第二形容詞つべしいうたてし深しい喧しいましじ厳しい危うい著しいきぶいべかし美し国山口栞同じい無礼し厳めい淡いかも

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android