シク活用(読み)シクカツヨウ

デジタル大辞泉の解説

しく‐かつよう〔‐クワツヨウ〕【シク活用】

文語形容詞活用形式の一。語尾が「しく・しく・し・しき・しけれ・○」と変化するもの。これに補助活用のカリ活用を加えて、「しく(しから)・しく(しかり)・し・しき(しかる)・しけれ・しかれ」とすることもある。「うれし」「かなし」など。連用形の語尾「しく」をとって名づけたもの。この活用の形容詞には情意的な意をもつものが多い。
[補説]通常、学校文法では、上記のようにシク活用の語尾を「し」以下とするが、ク活用の語幹の機能を、シク活用では終止形とされる「―し」の形が果たしているところから、「―し」までを語幹とみる説もある。→ク活用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しくかつよう【シク活用】

文語形容詞の活用形式の一。語尾が「しく・しく・し・しき・しけれ・○」と活用するもの。これに補助活用のカリ活用を加えて、「しく(しから)・しく(しかり)・し・しき(しかる)・しけれ・しかれ」というようにもする。「正し」「恋し」「をかし」などの語がこれに属する。この活用に属する形容詞には情意的意味を持つものが多い。 〔学校文法では、シク活用の語を、右のように、「し」以下を語尾とし、それ以外を語幹とするのが一般である。しかし、ク活用の形容詞では語幹が用いられる場合に、シク活用の形容詞では、「し」を含めた形が用いられる(「あな、をかし」「をかしの御髪や」「をかしさ」「をかしみ」など)。したがって、シク活用では、「し」までを語幹に含めて、語尾が「く・く・△・○・き・けれ・○」(△は無語尾で語幹の形がそのまま用いられる活用形)と活用するものとみることができる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android