コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シズクガイ(雫貝) シズクガイTheora fragilis(=T.lubrica)

世界大百科事典 第2版の解説

シズクガイ【シズクガイ(雫貝) Theora fragilis(=T.lubrica)】

汚染の指標となるアサジガイ科の二枚貝。殻は長卵形で非常に薄く,ガラス様の半透明,死殻は白色。長さ20mm,高さ10mm,幅4mmくらい。前端は丸く,後端のほうへ細くなる。殻頂は低く,多少前方に寄る。殻表は平滑で光沢がある。内面は殻頂の下に小さいかみ合せがあり,外套(がいとう)膜の縁は深く湾入する。北海道南部から九州に分布し,湾内の潮間帯から水深50mくらいの泥底に分布する。ゴカイ類のヨツバネスピオParaprionospio pinnataとともに酸素の欠乏にたいへん強く,湾の奥のもっとも環境の悪い水質のところにすむ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android