コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シッド しっど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シッド

エル・シッド」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シッド
しっど
El Cid
(1043―1099)

中世カスティーリャの英雄的騎士。本名ロドリーゴ・ディーアス・デ・ビバールRodrigo Daz de Vivar。エル・シッド(シード)ともいわれる。しばしばカンペアドールcampeador(戦勝者)の異名を伴う。シッドは本来「主人」を意味するアラビア語。中世後半、キリスト教徒に仕えるイスラム教徒が敬称として用いたものが、とくにカスティーリャの貴族であった彼の通称となった。
 シッドは、カスティーリャ王フェルナンド1世の宮廷で養育され、やがてサンチョ2世の筆頭家臣に取り立てられたが、同王が暗殺された(1072)のち、かわって王位についたアルフォンソ6世とは仲がうまくいかず、周囲の陰謀も手伝って結局同王から国外追放の処分を受けた(1081)。その後、一時国王との和解もなったが長続きせず、シッドは直属の部下を率いてレコンキスタ(国土回復戦争)という中世イベリアの特殊情況の下に波瀾(はらん)の生涯を送った。
 追放後、シッドはまずサラゴサのイスラム教徒の王に仕え、バルセロナ伯やアラゴン王を相手に戦った。イスラム教徒から「シッド」の敬称を与えられたのはおそらくこのときの功績による。その後、同じくイスラム教国であったバレンシアに干渉して、これの保護者を自任、1094年にはその支配権を握った。当時アルフォンソ6世を含めてキリスト教スペインの諸王が北アフリカのムラービト軍の前に連敗するなかで、シッドだけはこれを退けて、バレンシアをいわばキリスト教スペインの防波堤とした。死後、忠君の功を報いられない悲劇の英雄となり、その生涯は中世ヨーロッパ叙事詩の傑作の一つ『わがシッドの歌』Cantar de Mo Cidを生んだ。[小林一宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシッドの言及

【エル・シッド】より

…中世イベリア半島のカスティリャ王国の英雄で,本名はロドリゴ・ディアス・デ・ビバルRodrigo Díaz de Vivar。通称シッドはアラビア語の〈主人〉を意味する語に由来する。貴族の家系に生まれたロドリゴは幼い時に宮廷に入り,サンチョ王子の下で成長,1065年に王子がサンチョ2世として即位すると,カスティリャ軍総帥に任命された。…

※「シッド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シッドの関連キーワードブレンターノ(Sophie Mereau Brentano)カストロ(Guillén de Castro)フランシス ユステールカストロ・イ・ベルビストリスタン・レルミットアルフォンソ[6世]ガニベ・イ・ガルシアアルフォンソ(6世)メネンデス・ピダルメネンデス・ピダルメネンデスピダルG. レーニエサンタマリア門アンドロマックバレンシア王国我がシッドの歌ブルゴス大聖堂わがシッドの歌国土回復戦争アルフォンソ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シッドの関連情報