コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シトー会建築 シトーかいけんちく Cistercian architecture

1件 の用語解説(シトー会建築の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シトー会建築
シトーかいけんちく
Cistercian architecture

モレームのロベルトゥス (ロベール) によって 1098年フランスブルゴーニュ地方のシトーに創立された修道会に属する修道院および聖堂の建築様式。おもにロマネスク時代に隆盛した。シトー修道会は,クリュニー会やベネディクト会の華美な活動に反対してきびしく質素な生活環境を理想とし,その建築にも装飾性を最小限にとどめた地味な様式が求められている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシトー会建築の言及

【ゴシック美術】より

…それゆえ,これにともなう彫刻その他の装飾を含めて〈初期ゴシック〉美術と呼び,13世紀のゴシックと区別している。この主流のほか,初期ゴシック建築にはなお,2層構成の簡素な教会堂に堅固なリブ・ボールトを架したシトー会建築があり,アンジューやポアティエ地方におこなわれた教会堂にリブを付加したドーム形ボールトを採用するプランタジネット様式があった。
[フランス]
 13世紀の前半,シャルトル,ランス,アミアンとあいついで建立される三大聖堂によって,ゴシック建築の古典的様式が実現された。…

【シトー会】より

…フランス東部の荒野シトーCîteauxにベネディクト会モレーム修道院長ロベールRobert de Molesmeが,原始修道制への復帰を念願して1098年に創始した革新的修道会。修道士志願者が減少し修道院の世俗化が目にあまる時勢を憂えて,創立者は〈ベネディクトゥスの会則〉の厳格な励行,粗衣粗食の質素な生活,荒地の開墾作業などによる霊性の復興をめざした。ロベール自身は1年後ベネディクト会へ戻ったが,第3代修道院長ハーディングStephen Hardingの時代(1109‐33)に規律と組織の面で基礎が固められ,特にシャンパーニュ貴族ベルナールとその一族多数の入会(1112)以来会勢は急速な発展をとげた。…

※「シトー会建築」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シトー会建築の関連キーワードプロベーションロベール・ル・フォールゼロベース悪魔のロベールトロベーフモレスケベロベルト《悪魔のロベール》ロベール(モレームの)ロベルトコリーナ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone