コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シトー会建築 シトーかいけんちくCistercian architecture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シトー会建築
シトーかいけんちく
Cistercian architecture

モレームのロベルトゥス (ロベール) によって 1098年フランス,ブルゴーニュ地方のシトーに創立された修道会に属する修道院および聖堂の建築様式。おもにロマネスク時代に隆盛した。シトー修道会は,クリュニー会やベネディクト会の華美な活動に反対してきびしく質素な生活環境を理想とし,その建築にも装飾性を最小限にとどめた地味な様式が求められている。高い塔を築く代りにアーケード式の鐘楼がつけられ,内部空間も狭く,全体の構造も単純である。しかし素朴できびしいそのフォルムや,壁画や彫刻を排除した壁面の石組みなどが,ブルゴーニュ地方独特の形態美を示している。この様式は,クレルボーの修道院長であったベルナルドゥス (ベルナール) などの指導により,全ヨーロッパに広がり,中世に 700に近い修道院や聖堂が建造された。ベネディクト会の建築がフランスのゴシック建築に発展していったのに対し,シトー会の建築はスペインおよびイタリアのゴシック建築の基礎となった。代表的な作例は,1140年に完成したフォントネ聖堂で,回廊,集会室,寝室,食堂などを備え,横断半円筒ボールト (穹窿) をいただくラテン十字形プランの三廊式バシリカ建築であるが,クリアストーリーはなく,方形の祭室と翼廊に4つの礼拝堂をもつ。現存する最も古い典型的なシトー会建築である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のシトー会建築の言及

【ゴシック美術】より

…それゆえ,これにともなう彫刻その他の装飾を含めて〈初期ゴシック〉美術と呼び,13世紀のゴシックと区別している。この主流のほか,初期ゴシック建築にはなお,2層構成の簡素な教会堂に堅固なリブ・ボールトを架したシトー会建築があり,アンジューやポアティエ地方におこなわれた教会堂にリブを付加したドーム形ボールトを採用するプランタジネット様式があった。
[フランス]
 13世紀の前半,シャルトル,ランス,アミアンとあいついで建立される三大聖堂によって,ゴシック建築の古典的様式が実現された。…

【シトー会】より

…フランス東部の荒野シトーCîteauxにベネディクト会モレーム修道院長ロベールRobert de Molesmeが,原始修道制への復帰を念願して1098年に創始した革新的修道会。修道士志願者が減少し修道院の世俗化が目にあまる時勢を憂えて,創立者は〈ベネディクトゥスの会則〉の厳格な励行,粗衣粗食の質素な生活,荒地の開墾作業などによる霊性の復興をめざした。ロベール自身は1年後ベネディクト会へ戻ったが,第3代修道院長ハーディングStephen Hardingの時代(1109‐33)に規律と組織の面で基礎が固められ,特にシャンパーニュ貴族ベルナールとその一族多数の入会(1112)以来会勢は急速な発展をとげた。…

※「シトー会建築」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シトー会建築の関連キーワードフォッサノバ修道院建築フレッシュ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android