コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シパキラ Zipaquirá

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シパキラ
Zipaquirá

コロンビア中部,クンディナマルカ州中部の都市。首都ボゴタの北約 50km,アンデスの東部山脈中にあり,標高約 2650m。豊かな牧牛地帯の中心地であるとともに,大規模な岩塩鉱床があり,その採掘中心地として知られる。坑内への自動車の乗り入れができ,また岩塩鉱山をくりぬいてつくられた地下の聖堂があるため,観光客も多い。ボゴタから道路が通じる。人口約3万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シパキラ(Zipaquirá)

コロンビア中央部の都市。首都ボゴタの北約40キロメートルに位置する。古くから岩塩の採取が行われ、岩塩鉱山内にある塩の大聖堂が有名。植民地時代の古い町並みが残っている。シパキラー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シパキラ
しぱきら
Zipaquir

南アメリカ北西部、コロンビア中央部、クンディナマルカ県中部の都市。首都ボゴタの北60キロメートル、標高2650メートルの高原に位置する。人口8万8634(2001)。埋蔵量の多い岩塩鉱山があり、岩塩採掘の中心地である。1954年岩塩洞内に建築された教会は、祭壇をはじめほとんどすべてが岩塩でつくられており、水銀灯に照らされると燦然(さんぜん)と輝き荘厳な雰囲気を醸し出す。首都近郊の観光地として訪問客が多い。石炭も産出しカ性ソーダ工場もある。[山本正三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android