シャイドレーガー症候群(読み)シャイドレーガーショウコウグン

  • シャイドレーガーしょうこうぐん〔シヤウコウグン〕
  • シャイ・ドレーガー症候群

デジタル大辞泉の解説

多系統萎縮症の一病型。立ちくらみ尿失禁などの自律神経症状で発症し、これに歩行障害や発音障害などの小脳性運動失調や筋肉のこわばりや動作緩慢などのパーキンソン症状が加わって進行していく。30~60歳代の男性に多い。1960年に米国の神経科医ミルトン=シャイとグレン=ドレーガーが報告した。SDS(Shy-Drager syndrome)。→オリーブ橋小脳萎縮症線条体黒質変性症

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android