シャットル(英語表記)shuttle

翻訳|shuttle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャットル
shuttle

杼 (ひ) 。織物を織るとき,経 (たて) 糸の開いた口に管などに巻いた (よこ) 糸を保持し,往復運動をして緯糸を順次入れる道具。力織機では経糸の開いた口に緯糸を入れる際にシャットルをピッカーで打って高速度にするため,じょうぶにつくられている。シャットルは重いために織機の高速化の障害となり,またピッカーで打つため騒音の原因となるので,シャットルを用いないで緯糸を入れる無 (むひ) 織機もつくられている。手織機では比較的に簡単な形式のものが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

シャットル

〘名〙 (shuttle)⸨シャトル⸩
① 織機の付属具。製織の際、緯(よこいと)を通すのに用いる、緯を巻いた管を内部におさめた舟形の器具。杼(ひ)
女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉一四「杼と言へばわかるものをシャットルと言ひ」
② 裁縫用ミシンの中釜をいう。
レース用編具。タッチングレース用。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のシャットルの言及

【織機】より

…綜絖は針金のほか板金のものもあり,手織機では糸を撚(よ)って作られている(図3)。綜絖の上下運動により経糸が所定の開口状態になると,木管に巻かれた緯糸が入っている舟形の杼(ひ)(シャットルshuttle)Iを左右に飛ばして緯入れを行う。このとき前後に揺動するスレーLに固定されている筬は後方に移動しており,シャットルはこの筬とレースM(開口した下側の経糸に接するようにスレーに固定されている)に沿って飛走し,緯糸はシャットルから引き出されて上下2群の経糸の間(杼口(ひぐち))に挿入される。…

※「シャットル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android