コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杼/梭

デジタル大辞泉の解説

ひ【×杼/×梭】

織機の付属用具の一。横糸とする糸を巻いたを、舟形の胴部空所に収めたもの。端から糸を引き出しながら縦糸の間を左右にくぐらせる。シャトル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

杼【ひ】

シャットルshuttleとも。製織に際し,経糸(たていと)の間に緯(よこ)糸を通す織機部品。舟形で,中央に緯糸を巻いた木管をおさめている。ツゲ・カシ・サクラ材などを使用,両端の打撃を受ける部分は金属で補強する。
→関連項目自動織機無杼織機

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


シャットル」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

杼 (トチノキ)

学名:Aesculus turbinata
植物。トチノキ科の落葉高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の杼/梭の言及

【織物】より

…この形式は高機(たかはた)と呼ばれ,今日でも手機に多く用いられている。 機織には,このほか経糸の間に緯糸をたやすく通す方法や,緯糸を平行に固く経糸の間に打ち込む方法として,杼(ひ)や筬(おさ)と呼ばれる道具が用いられている。これも最初はきわめて簡単なもので,たとえば杼でも1本の棒に緯糸を巻いて用いていた。…

【織機】より

…綜絖は針金のほか板金のものもあり,手織機では糸を撚(よ)って作られている(図3)。綜絖の上下運動により経糸が所定の開口状態になると,木管に巻かれた緯糸が入っている舟形の杼(ひ)(シャットルshuttle)Iを左右に飛ばして緯入れを行う。このとき前後に揺動するスレーLに固定されている筬は後方に移動しており,シャットルはこの筬とレースM(開口した下側の経糸に接するようにスレーに固定されている)に沿って飛走し,緯糸はシャットルから引き出されて上下2群の経糸の間(杼口(ひぐち))に挿入される。…

【機】より

… これに対して織物の技術は,2条の繊維を経(たて)と緯(よこ)に交互に規則正しく編むところから発達してきた。編み台を用いる木や骨の編み針の使用は,機織りの杼(ひ)や筬(おさ)の前段階をなすものであった。歴史的に,初期の定着民のどの家族にも織機が存在したことが知られている。…

※「杼/梭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

杼/梭の関連キーワードケイ(John Kay)三重県多気郡明和町大淀グリッパー織機踏み木・踏木一家を機杼すジョン ケイ百師木伊呂弁タッチングレピア織機百済永継円形織機豊田佐吉浮田の森バッタンファイユ足踏織機杼無織機環状織機杼投げ絙某弟

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android