コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャノンの理論 しゃのんのりろん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

シャノンの理論

1948年に数学者のシャノンによって提唱されたデータ圧縮の基礎理論の1つ。シャノンは、情報の冗長性を極限まで排除し、本質部分だけにした情報をエントロピーと呼び、情報圧縮の限界を導く方程式を示した。ここでいう情報のエントロピーとは、もうこれ以上圧縮できないという情報量のことで、仮にこれを超えて圧縮を行なうと、元の状態に戻せなくなる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

シャノンの理論の関連キーワード新藤兼人木下恵介エレクトロニクス史(年表)民主自由党[日本]市川崑北朝鮮斎藤寅次郎戦争文学ヒューストン(John Huston)ベルイマン(Ingmar Bergman)