コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャノンの理論 しゃのんのりろん

1件 の用語解説(シャノンの理論の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

シャノンの理論

1948年に数学者のシャノンによって提唱されたデータ圧縮の基礎理論の1つ。シャノンは、情報の冗長性を極限まで排除し、本質部分だけにした情報をエントロピーと呼び、情報圧縮の限界を導く方程式を示した。ここでいう情報のエントロピーとは、もうこれ以上圧縮できないという情報量のことで、仮にこれを超えて圧縮を行なうと、元の状態に戻せなくなる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャノンの理論の関連キーワード公理主義死者の書シャノンピタゴラスゼノンのんこのしゃあキャノンビーチキャノン砲キャリックオンシャノン般若の船

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone