シャルル・ピエール ペギー(英語表記)Charles Pierre Péguy

20世紀西洋人名事典の解説

シャルル・ピエール ペギー
Charles Pierre Péguy


1873.1.7 - 1914.9.5
フランスの詩人,思想家,作家。
オルレアン生まれ。
家具職人の子として生まれ、1894年高等学校に入学。社会党に入党し、A.ドレフェス大尉の失脚事件で活躍するが、事件が政治的妥協に終わると社会党を脱退する。1900年「半月手帖」誌を刊行し、カトリック的立場から、感動的な詩、エッセイなどを発表。また、同誌はロマン・ロラン、シュアレスらに作品公表の場として提供するなど、20世紀初頭のフランス文学界に多大な貢献を果たす。第一次世界大戦で戦死。主著はエッセイ「われわれの青春」(’10年)、戯曲「ジャンヌ・ダルクの慈愛の神秘」(’11年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android