コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャン=ド=マルス事件 シャン=ド=マルスじけん Fusillade du Champs-de-Mars

1件 の用語解説(シャン=ド=マルス事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャン=ド=マルス事件
シャン=ド=マルスじけん
Fusillade du Champs-de-Mars

フランス革命初期の人民弾圧事件。 1791年6月国内外の反革命の動きのなかで国王ルイ 16世はパリをひそかに脱出して国外逃亡をはかったが,バレンヌにおいて捕えられ,送還された。パリの民衆は王の退位を要求してシャン=ド=マルス (練兵場) に集合した (1791.7.17.) が,議会の多数を占めるフイヤン・クラブは王の無罪を主張,その指示を受けたラ・ファイエット国民衛兵軍は無警告で民衆に発砲し多数の死者を出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャン=ド=マルス事件の関連キーワードオーラールルイフィリップフランス大革命ねず まさし《1789年――フランス革命序論》フランス革命議会《フランス革命史》(カーライル)《フランス革命史》(ティエール)《フランス革命の省察》《フランス革命の政治史》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone