コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンクガイ シャンクガイTurbinella pyrum; Indian chank shell

3件 の用語解説(シャンクガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャンクガイ
Turbinella pyrum; Indian chank shell

軟体動物門腹足綱オニコブシガイ科。殻高 14cm,殻径 7.5cm。殻は厚質堅固,太い紡錘形で白色であるが,黒褐色ビロード様の厚い殻皮をかぶっている。体層は大きい。殻口内の軸唇にはひだがある。ふたは革質で黒褐色。インド西岸,スリランカに分布し,インドの聖貝として知られる。これは,聖典『ベダス』をシャンクに盗まれ,ビシュヌ神 (常に本種を手に持っている) がシャンクを滅ぼして聖典を取戻したという話に由来する。殻は通常右巻きであるが,まれに左巻きのものもあり,それは金と等価であるといわれる。かつてはインドのトラバンコール (旧土侯国) の国章とされた。またヒンドゥー教では装身具,副葬品に用いている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャンクガイ【chank shell】

インドで神聖な貝とされるオニコブシガイ科の巻貝(イラスト)。殻はいも形で高さ10cm,太さ6cmを超え,はなはだ厚くて堅固。白色であるが褐色のビロード様の厚い皮をかぶる。しかし老成するとはげ落ちる。巻きは円錐形で8階くらい,殻口には下方へ細くのびる水管ができる。インド西岸やスリランカに分布する。通常右巻きであるが,左巻きの固体は希少で金と等価で売買されるという。聖典《ベーダ》がサンカー(シャンク)に盗まれたとき,三主神の一つ慈悲神のビシュヌが魚に化けてサンカーを滅ぼし,聖典をとり戻したが,そのときビシュヌがつねに手にしていたのがこの貝であったことから,シャンクガイといわれ,信仰されるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャンクガイ
しゃんくがい
chank shell
[学]Xancus pyrum

軟体動物門腹足綱オニコブシガイ科の巻き貝。インド西岸とスリランカに分布する。殻高15センチメートル、殻径10センチメートルぐらいに達し、厚く重い。全形は短い紡錘形をしている。殻質は白いが生時は厚いオリーブ色の殻皮をかぶっている。殻口はやや狭い紡錘形で、軸唇に四つのひだがある。ヒンドゥー教の聖貝として崇(あが)められ、ビシュヌの神の像はつねに手にこの貝を持っている。ごくまれに産出する左巻きの奇形個体はとくに尊重され、貝殻と同じ重さの金と同価とされる。仏教のパゴダの中にも安置され、この貝でくんだ水は病気を治す奇跡をもたらすなどの信仰がある。また、この貝は殻が厚いので、輪切りにして装身具にも用いられる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシャンクガイの言及

【貝】より

…字も法螺貝と仏教に関係深い。インドやスリランカではやはり法要に聖具のシャンクガイを吹き鳴らす。この巻貝の左巻きのものは何十万個に一つというほどまれなのでとくに高価で,同じ重さの金と交換されるという。…

※「シャンクガイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone