コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンドマルス公園 シャンドマルスコウエン

デジタル大辞泉の解説

シャン‐ド‐マルス‐こうえん〔‐コウヱン〕【シャンドマルス公園】

Parc du Champ-de-Mars》フランス、パリ西部にある公園。セーヌ川左岸に面しエッフェル塔が建っており、イエナ橋を挟む対岸にシャイヨー宮がある。19世紀後半に4度万国博覧会の会場になった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

シャンドマルスこうえん【シャンドマルス公園】

フランスの首都パリの七区にある公園。同公園の北西にエッフェル塔がある。公園の南東側にエコールミリテール(陸軍士官学校)があるが、この士官学校とセーヌ川の間に広がっていた野菜畑を練兵場として使用したのが公園の始まりである。その後、1855年を最初に何度か開かれたパリ万国博覧会の会場として使用された。◇「シャンドマルス」(マルスの野)という公園の名称は「ローマ市民兵の練兵場」という意味の「カンプスマルティウス」(Campus Martius)に由来する。この公園を含むパリのセーヌ川周辺は、世界遺産に登録されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

シャンドマルス公園の関連キーワードトロカデロ広場

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android