コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュウェンクフェルト シュウェンクフェルトSchwenckfeld, Kaspar von

2件 の用語解説(シュウェンクフェルトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュウェンクフェルト
シュウェンクフェルト
Schwenckfeld, Kaspar von

[生]1489. オシッヒ
[没]1561.12.10. ウルム
ドイツ宗教改革者,説教家。 1505年ケルン,07年フランクフルトの各大学で学んだ。初めルターに接近したが相いれず,カトリックルター派の中道宗教改革運動をシュレジエンで展開。真の教会は目に見えない霊的なものであると主張,また宗教上の自由を高揚した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュウェンクフェルト【Kaspar von Schwenckfeld】

1489‐1561
宗教改革に同調したドイツの神学者,神秘思想家。シュレジエンの貴族の出で,ケルンとフランクフルト・アン・デル・オーデルで学んだのち,リーグニツ(現,ポーランドレグニツァ)のフリードリヒ2世の宮廷顧問官となり,みずからルターに共鳴してフリードリヒ2世を彼に導く。倫理面を強調するとともに,聖餐論でも象徴主義に傾き,ルターから離れる。1529年宮廷を去り,まずシュトラスブルク,次いでアウクスブルク,ウルムに移り,とくにルター派神学者にくり返し攻撃され,異端とされてからは南ドイツの貴族や個人にかくまわれて各地を転々とし,ウルムで死去。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

シュウェンクフェルトの関連キーワード延徳足利義尚ムスリム五王国足利義尚スペイン美術武田信廉山本勘助グレバン延徳コレッジョ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone