コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュウェンクフェルト Schwenckfeld, Kaspar von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュウェンクフェルト
Schwenckfeld, Kaspar von

[生]1489. オシッヒ
[没]1561.12.10. ウルム
ドイツの宗教改革者,説教家。 1505年ケルン,07年フランクフルトの各大学で学んだ。初めルターに接近したが相いれず,カトリックとルター派の中道宗教改革運動をシュレジエンで展開。真の教会は目に見えない霊的なものであると主張,また宗教上の自由を高揚した。権力の圧迫により 29年シュトラスブルクに転出したが,そこでもプロテスタント正統派と対立。アウクスブルクテュービンゲンウルムなどを転々と逃れ歩いた。その追従者たちは正統派を離れ,小協会や兄弟団を設立したが迫害され,北アメリカのペンシルバニアに渡った。シュウェンクフェルト協会が 1782年に設立され,フィラデルフィアを中心とする今日の同名の教会の前身となった。『全集』 Corpus Schwenckfeldianorum (19巻,1907~61) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュウェンクフェルト【Kaspar von Schwenckfeld】

1489‐1561
宗教改革に同調したドイツの神学者,神秘思想家。シュレジエンの貴族の出で,ケルンとフランクフルト・アン・デル・オーデルで学んだのち,リーグニツ(現,ポーランド,レグニツァ)のフリードリヒ2世の宮廷顧問官となり,みずからルターに共鳴してフリードリヒ2世を彼に導く。倫理面を強調するとともに,聖餐論でも象徴主義に傾き,ルターから離れる。1529年宮廷を去り,まずシュトラスブルク,次いでアウクスブルク,ウルムに移り,とくにルター派神学者にくり返し攻撃され,異端とされてからは南ドイツの貴族や個人にかくまわれて各地を転々とし,ウルムで死去。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

シュウェンクフェルトの関連キーワード延徳アフマドナガル王国川中島の戦い足利義尚ムスリム五王国足利義尚ビジャープル王国シュウェンクフェルトベルゲテスペイン美術

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android