コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュエシャン(雪山)山脈 シュエシャンさんみゃくXueshan shanmai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュエシャン(雪山)山脈
シュエシャンさんみゃく
Xueshan shanmai

タイワン (台湾) 北部にある北東から南西方向の山脈。主峰はシュエ (雪) 山で標高 3886m。北西側はタイペイ (台北) 盆地,タオユワン (桃園) 台地に接し,南東側はターチヤ (大甲) 渓,ランヤン (蘭陽) 渓を隔ててチョンヤン (中央) 山脈に続く。北東は太平洋に迫り,サンティヤオ (三貂) 岬で終わる。冬季は北東季節風によって積雪が多い。森林に覆われ,山腹では樟脳(しょうのう)を産する。山麓ではチャ(茶)の栽培が盛ん。山間の盆地や緩傾斜地では台湾先住民がアワ,サツマイモなどを栽培している。ウーライ (烏来) は観光地となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シュエシャン(雪山)山脈の関連キーワードデチェン(迪慶)チベット(蔵)族自治州チヤオパンシャン(角板山)チョンヤン(中央)山脈サンティヤオ(三貂)岬タオユワン(桃園)台地タオユワン(桃園)県タイチョン(台中)県タンシュイ(淡水)河シンチュー(新竹)県シーメン(石門)ダムミヤオリー(苗栗)県ミヤオリー(苗栗)市チーロン(基隆)市タイペイ(台北)県ターチヤ(大甲)渓イーラン(宜蘭)県シートウ(獅頭)山チュートン(竹東)ウーライ(烏来)タイワン(台湾)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android