コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュニトケ

百科事典マイペディアの解説

シュニトケ

ロシア(ソ連)の作曲家。ドイツ系の血を引く。ボルガ川下流のサラトフ生れ。12歳から父の任地ウィーンで短期間の音楽教育を受けたのち1953年−1961年モスクワ音楽院に学ぶ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

シュニトケ

旧ソ連の作曲家。ウィーンで最初の音楽教育を受けた後、モスクワ音楽院で学んだ。旧ソ連にて十二音音楽や電子音楽を手がけた。しかしその後、作風は変化している。1950年代には、母校のモスクワ音楽院で音楽の ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について 情報

シュニトケの関連キーワードソフィア グバイドゥーリナクロノス・カルテットリュビーモフクレーメルロシア音楽ブレジネフ現代音楽デニソフロシアオテロ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android