コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュニトケ

2件 の用語解説(シュニトケの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シュニトケ

ロシア(ソ連)の作曲家。ドイツ系の血を引くボルガ川下流のサラトフ生れ。12歳から父の任地ウィーン短期間音楽教育を受けたのち1953年−1961年モスクワ音楽院に学ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

シュニトケ

旧ソ連の作曲家。ウィーンで最初の音楽教育を受けた後、モスクワ音楽院で学んだ。旧ソ連にて十二音音楽電子音楽を手がけた。しかしその後、作風は変化している。1950年代には、母校のモスクワ音楽院で音楽の ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュニトケの関連キーワードウェーベルンラインホルトウィーン古典派有馬大五郎ヴァンハルシスケショルムツェルハフュルスト,パウル ヴァルターミャスコフスキ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュニトケの関連情報