コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュネーデル

百科事典マイペディアの解説

シュネーデル

フランスのアンフォルメルの画家。スイス生れ。1924年以降パリに定住,古画修復業のかたわら絵を描く。1944年ごろから抽象に転じ,力動感に満ちた作風を展開した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュネーデル
しゅねーでる
Grard Schneider
(1896―1986)

フランスの画家。スイスのサント・クロワに生まれ、フランスに帰化する。1916年にパリに出、18年まで装飾美術学校で、ついでエコール・デ・ボザール(国立美術学校)で学ぶ。一時帰国後、24年にパリに定住。後期印象派、キュビスム、シュルレアリスム、さらには表現主義と近代美術のあらゆる探究を試みたのち、44年ころから抽象に転じる。最初は一種の表現主義的な残像もあったが、まもなく真の抽象に向かった。彼の芸術は形態と色彩との創意に富んだ吟味であり、彼は画布に起点となるものを描き出し、ついでそこに本質的に内在する無限の可能性を展開する。彼にとって、外界の自然を想起させるものはすべて真の表現を妨げるものであり、排除しなければならない。「抽象芸術とは、あらゆる外界の影響から解放された状態だと思う。画家は画布の前に立ったとき、自分のなかにある名づけようのないものを解放する」と彼はいう。[大森達次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シュネーデルの関連キーワードシュナイダー(Gérard Schneider)シュネーデル・エレクトリック[会社]シュネーデル[会社]スーラージュコンツェルンル・クルーゾ抽象美術ザハロフ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android