コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュノンソー Chenonceaux

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュノンソー
Chenonceaux

フランス西部,アンドルエロアール県ロアール川の支流シェール川にのぞむ人口 358 (1982) の小村。アンボアーズ南東 12kmに位置する。シェール川をまたぐ回廊をもつ,ゴシックからロマネスクへの過渡的様式の城により有名。城は 1515年に建てられたが,35年フランス国王フランソア1世が奪い,その子アンリ2世は寵愛するディアーヌ・ド・ポアティエに与えた。アンリ2世の死後,その妻カトリーヌ・ド・メディシスが奪った。その後も城の所有者は転々と変り,改変が加えられたが,19世紀に修復された。現在はロアール川沿岸観光地帯の一中心となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュノンソー【Chenonceaux】

フランス中部,アンドル・エ・ロアール県の小村で,ロアール川の支流シェール河畔に位置する。ロアール河畔の城館中屈指の名城シュノンソーの城館Château de Chenonceauがあることで知られる。この城館は,フランソア1世の徴税吏トマ・ボイエが1515年から22年にかけて造営した本館部を基に,アンリ2世の寵姫ディアーヌ・ド・ポアティエが橋を付け加え,さらに,その後ショーモン城と引替えにこの城を手中に収めたカトリーヌ・ド・メディシスが橋の上に2層のギャラリーを造営して,ほぼ現在の姿をとるにいたった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

シュノンソーの関連キーワードシュリーショーモンシュルロアール城トゥレーヌ(フランス)ディアヌ・ド・ポアチエシュノンソー城ザオ ウーキーロアール渓谷ツーレーヌ