コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュノンソー シュノンソー Chenonceaux

2件 の用語解説(シュノンソーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュノンソー
シュノンソー
Chenonceaux

フランス西部,アンドルエロアール県ロアール川の支流シェール川にのぞむ人口 358 (1982) の小村。アンボアーズ南東 12kmに位置する。シェール川をまたぐ回廊をもつ,ゴシックからロマネスクへの過渡的様式の城により有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シュノンソー【Chenonceaux】

フランス中部,アンドル・エ・ロアール県の小村で,ロアール川の支流シェール河畔に位置する。ロアール河畔の城館中屈指の名城シュノンソーの城館Château de Chenonceauがあることで知られる。この城館は,フランソア1世の徴税吏トマ・ボイエが1515年から22年にかけて造営した本館部を基に,アンリ2世の寵姫ディアーヌ・ド・ポアティエが橋を付け加え,さらに,その後ショーモン城と引替えにこの城を手中に収めたカトリーヌ・ド・メディシスが橋の上に2層のギャラリーを造営して,ほぼ現在の姿をとるにいたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シュノンソーの関連キーワードアンジューアンボアーズシャンボールロシュロシュ城アゼールリドー城アンボアーズ城クロリュセ城ツール大聖堂トゥーレーヌ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュノンソーの関連情報