シュラスコ

百科事典マイペディア「シュラスコ」の解説

シュラスコ

ブラジル南部の牧場などで食べられる巨大な焼肉の料理。牛やヤギの肉などに岩塩をまぶし,に刺して炭火でじっくりあぶる。羊やヤギは1頭を半分に切ったりして焼く。焼けたところをナイフで切り取って食べる。シュラスコ専門のレストランはシュラスカリアといい,好みの肉の部位を注文すると,ウェイターが串に刺したままの肉をテーブルに持ってきて,好きなだけ切り取ってくれる。これにトマトタマネギキュウリなどのみじん切りを入れた酢油ソースをかけて食べる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典「シュラスコ」の解説

シュラスコ【churrasco(ポルトガル)】

ブラジルの肉料理で、金串に大きな肉のかたまりを刺し、塩をふって炭火で焼いたもの。様々な部位の牛肉をはじめ、各種の肉を用いる。レストランではウェイターが串ごと客席に運び、の前で食べたい量を切り分けるという供し方が一般的。アルゼンチンなど南米諸国で同様のものがある。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「シュラスコ」の解説

シュラスコ

〘名〙 (churrasco) ブラジル料理の一つ。牛や羊の肉塊を塩で調味し、大串に刺して焼き、焼けたところから切り取って食べる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「シュラスコ」の解説

シュラスコ(〈ポルトガル〉churrasco)

ブラジル料理の一。牛や羊の肉塊を塩で調味し、大串に刺して焼き、焼けたところから切り取って食べる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android