コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショットキー効果 ショットキーコウカ

2件 の用語解説(ショットキー効果の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ショットキー‐こうか〔‐カウクワ〕【ショットキー効果】

高温の金属や半導体から熱電子が放出される熱電子効果において、強い電界を与えることで、より熱電子が放出されやすくなる現象。ドイツ物理学者W=ショットキーが発見。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

ショットキー効果【Schottky's effect】

金属の熱電子放出において,金属を高い負電位に保つと,熱電子放出が著しく増加する現象をいう.これは金属外部の電場によって,金属の仕事関数が変化して,見かけ上減少するためであり,飽和電子流は

に従って,電位差 E とともに増大する.

ただしここで is は電界をかけていない場合の飽和電子流,ε は電気素量,k はボルツマン定数,T絶対温度である.真空管の場合には熱電子が放出されるわけであるが,冷陰極の放電管などではこのショットキー効果によって電子が放出されることになる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ショットキー効果の関連キーワード仕事関数熱電子熱電子放出熱電子管熱電子効果金属灰陽電子放出クラマー効果(電子放射)ファウラー‐デュブリッジの理論リチャードソン‐ダッシュマンの式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone